2015/01/31

歌詞 本名陽子 - カントリー・ロード/コンクリート・ロード (Country Road) (映画「耳をすませば」 挿入歌・エンディング・テーマ)

本名陽子 - カントリー・ロード (Country Road)
My Tags: US / JP / Stronger / Dream



Song by 本名陽子 as 月島雫

1995年公開の映画"耳をすませば"で、挿入歌として使われた、
"カントリー・ロード"の歌詞を紹介します。

歌っているのは、映画で主人公・月島雫の声を演じた本名陽子さん。

ジョン・デンバー(John Denver)が1971年にリリースした
"Take Me Home, Country Roads"という曲の日本語詩カヴァーで、
日本語訳詞・鈴木麻実子、補作詞・宮崎駿の名前がクレジットされています。
(鈴木麻実子さんはスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーのご息女です)

スタジオジブリ作品で洋楽を使用する時に書かれた日本語詩は、
意訳というより、歌にインスパイアされた詩が織り込まれた新しい詩で、
かといってオリジナルの歌の世界を壊すこともなく、
映画作品の世界とも絶妙にマッチしてる…見事です。ホント素敵。
(同様にカヴァーされた曲のひとつが、以前紹介した"愛は花、君はその種子"です)



オリジナル・ヴァージョンとヴァイオリン・ヴァージョンの2曲が、
"耳をすませば サウンドトラック"に収録されています。



【歌詞】
"カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

ひとりぼっち おそれずに
生きようと 夢みてた
さみしさ 押し込めて
強い自分を 守っていこ

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

歩き疲れ たたずむと
浮かんで来る 故郷の街
丘をまく 坂の道
そんな僕を 叱っている

カントリー・ロード
この道 ずっとゆけば
あの街に つづいてる
気がする カントリー・ロード

どんな挫けそうな時だって
決して 涙は見せないで
心なしか 歩調が速くなっていく
思い出 消すため

カントリー・ロード
この道 故郷へつづいても
僕は 行かないさ
行けない カントリー・ロード
カントリー・ロード
明日は いつもの僕さ
帰りたい 帰れない
さよなら カントリー・ロード"




映画の中では、主人公の月島雫がこの詩を考えたことになっています。

完成前の詩や、ふざけて考えた"コンクリート・ロード"なんていう歌も登場。
雫が友人の夕子と一緒に歌っているのですが、ホントかわいいんですよね。

間違ってるかもしれませんが、一緒に紹介しておきます。

まず、完成前の仮詞から。



【歌詞】
"白い雲わく丘を まいてのぼる 坂の街
古い部屋 ちいさな窓 帰り待つ 老いた犬

カントリー・ロード
はるかなる 故郷へ つづく道
ウェスト・ヴァジニア
母なる山 なつかしい わが街"




最後は"コンクリート・ロード"。


Song by 本名陽子 as 月島雫 & 佳山麻衣子 as 原田夕子



また、この曲には別ヴァージョンがあって、
"耳をすませば イメージアルバム"に収録されています。

宮崎駿さんが作詞しているのですが、
映画の挿入歌とイメージアルバムで、メロディも歌詞も異なります。

映画ではジョン・デンバーの"Take Me Home, Country Roads"の替え歌として歌っていますが、
イメージアルバムでは"Take Me Home, Country Roads"をモチーフに、
映画の音楽を担当した野見祐二さんが作曲したメロディに乗せて歌っています。



【歌詞 (フィルム・ヴァージョン)】
"コンクリート・ロード どこまでも
森を伐り 谷を埋め
西東京(ウエストトーキョー) 多摩の丘(マウントタマ)
故郷は コンクリート・ロード"


【歌詞】
"コンクリート・ロード
どこまでも つづいてる コンクリート・ロード
コンクリート・ロード
森を伐り 谷を埋め 川を殺し

西東京(ウエストトーキョー) 多摩の丘(マウントタマ) 埋めつくす白い家
ふるさとは コンクリート・ロード

西東京(ウエストトーキョー) 多摩の丘(マウントタマ) 埋めつくす白い家
ふるさとは コンクリート・ロード

コンクリート・ロード
どこまでも つづいてる コンクリート・ロード"




スタジオジブリ作品でも、大好きな映画のひとつです。

歌詞 和訳 John Denver - Take Me Home, Country Roads (ジョン・デンバー - テイク・ミー・ホーム・カントリー・ロード)

John Denver - Take Me Home, Country Roads (ジョン・デンバー - テイク・ミー・ホーム・カントリー・ロード)
My Tags: US / Happy




Song by John Denver

ジョン・デンバーが1971年にリリースした4thアルバム"Poems, Prayers & Promises"から、
"Take Me Home, Country Roads"の歌詞を和訳してみました。






【英語 & 日本語 対訳】
"Almost heaven, West Virginia
Blue ridge mountains, Shenandoah river
Life is old there, older than the trees
Younger than the mountains, growin' like a breeze"

楽園のごときウェストバージニア
ブルーリッジ山脈 シェナンドー川
そこにあるのは歴史多き生命 それは木々よりも古く
山々より若く そよ風のように広がっていく

  ( *1 )
"Country roads, take me home
To the place I belong
West Virginia mountain momma
Take me home Country roads"

カントリー・ロード 僕を家まで連れてってくれ
僕のいるべきあの土地へ
ウェストバージニア 母のごとき山よ
僕を家まで連れてってくれ カントリー・ロード

"All my memories, they gather 'round her
Miner's lady, stranger to blue water
Dark and dusty, painted on the sky
Misty taste of moonshine, teardrops in my eyes"

どの記憶を辿っても 彼女のまわりに人は集い
鉱夫の妻は 青き大海原を知らない
暗闇と埃だけが その空を描き出し
月灯りの淡い余韻が 僕の瞳に涙を落とす


  ( *1 repeat )


"I hear her voice in the mornin' hour she calls me
The radio reminds me of my home far away
And drivin' down the road I get a feeling
That I should have been home yesterday, yesterday"

朝のひと時には 彼女の声を聴く僕と 僕を呼ぶ彼女がいる
ラジオが僕に気付かせる 遠く離れた故郷を
あの道へ車を走らせるのは それに気付いたから
昨日家へ帰れば良かったと そうさ 昨日のうちに…


  ( *1 repeat )


"Country roads, take me home
To the place I belong
West Virginia mountain momma
Take me home Country roads
Take me home Country roads
Take me home Country roads"

カントリー・ロード 僕を家まで連れてってくれ
僕のいるべきあの土地へ
ウェストバージニア 母のごとき山よ
僕を家まで連れてってくれ カントリー・ロード
僕を家まで連れてってくれ カントリー・ロード
僕を家まで連れてってくれ カントリー・ロード




Memo:
country road = 田舎道
momma = ママ お母さん
miner = 鉱山労働者 炭坑作業員
stranger to = なじみがない 縁がない 知らない 慣れていない
blue water = 青海原
taste = 風情 味わい 趣
moonshine = 密造酒 / 月の光 (※後者で和訳しています)





Song by Olivia Newton-John

オリビア・ニュートン=ジョンのカヴァー・ヴァージョンは、
1995年に公開された映画"耳をすませば"のオープニング・ソングとして使われています。
(…残念ながら、サントラとイメージアルバムいずれにも収録されていません…)

映画の中では主人公の月島雫が"カントリー・ロード"として日本語詞でカヴァーして歌っていて、
訳詩はスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーのご息女と、宮崎駿氏が書いています。

コチラで紹介しているので、良かったら一緒にご覧ください。

2015/01/30

歌詞 和訳 久石譲×福原美穂 - Your Story (ユア・ストーリー) (映画「悪人」 主題歌)

久石譲×福原美穂 - Your Story (ユア・ストーリー)
My Tags: JP / Tender



Song by 福原美穂

吉田修一氏の小説を原作として2010年に公開された映画"悪人"より、
"Your Story"の歌詞を和訳してみました。

作曲はこの映画の音楽を担当した久石譲さん。
歌っているのは福原美穂さんです。



"悪人 オリジナル・サウンドトラック"に収録されています。

映画があって生まれた歌だと思うので、
女性が歌っているのですが、男性目線で和訳しています。

人間の本質が持つ一つの顔と、そこに共存する矛盾を心に残すような、いい映画です。
ご存じの方は分かると思いますが、まさに深津絵里さんが演じる光代の、最後の台詞ですね。



【英語 & 日本語 対訳】
"It's dark and cold, out where we stand alone
Beneath the ground, down deep the ocean
What have I done? What have you done wrong?
Our deep embrace, will you remember?
The silence's gone"

僕たちがふたりきりで佇むこの場所は なんて暗く冷たいんだろう
大地に埋もれ 海の奥深くに沈むんだ
僕は何をしたんだろう? 君はどんな悪事に手を染めた?
ふたりで激しく抱き合ったあの時を 君は覚えているだろうか?
ここにはもう静寂なんて存在しない

"There used to be an empty space
There was no fear there's nothing to chase
Until you came and opened the way
And fear that loneliness will tear my heart away"

昔は空っぽだったんだ
そこに恐怖はなく 追い求めるものなど何もなかった
君が現れ この道を切り開くまでは
やがて独りきりで過ごす恐怖が 僕の心を引き裂くだろう

"Come stay and hear the hearts of melody
The warmth of skin, the gentle kisses
Could this be love...?"

ここへ来てずっと聴いていてほしい 旋律が奏でる心の調べを
その肌の温もり そのやさしいキス
これが愛なのか…?

"Sometimes I ask, why things have gone so wrong?
I've waited long, believed for so long
My angel face, has slept with tears in her eyes
"Don't leave me please", will I desert her how it was done?"

僕は時々聞くんだ なぜこんなに間違いを犯したんだろう?
ずっと待っていた とても長い間信じていたんだ
僕の天使の顔は 彼女の瞳に涙を浮かべ眠っている
“私から離れないで” あの時したように僕は彼女を見捨てるだろうか?

"She has no one, no place to go
She dreamed to have a place to belong
What we both long a place, sweet home
If I could un-wine the time and stay with you"

彼女には誰もいない 行く場所さえないんだ
そして 自分のいるべき場所を手に入れたいと夢見ていたんだ
僕たちふたりが待ちこがれた場所は 愛のある家庭だった
もしあのひと時にワインを振舞いもせず 君と一緒にいることが許されたなら

"Still dark and cold, out where we stand alone
Beneath the ground, down deep the ocean
We both have lied, and kissed a sad good-bye
Your deepest love remains in my heart, how I love you so..."

僕たちがふたりきりで佇むこの場所は 今もまだ暗く冷たい
大地に埋もれ 海の奥深くに沈むんだ
僕たちふたりは共に嘘を抱え 哀しいサヨナラのキスをした
君の誰よりも深い愛は僕の心に残っている 僕が君をとても愛するように…




Memo:
long = 切望する 待ち望む 憧れる
sweet home = スイートホーム 楽しい家庭
un-wine = (※辞書とネットで調べたけど不明 "un" + "wine" or "unwind" ?)
un = 人 もの (※もしくは逆の意味を示す"un"として動詞"wine"に続く?)
wine = ワインをごちそうする
unwind = 緊張をほぐす / くつろぐ リラックスする




今回はいつもより、意訳というほどではないけど、言葉を補ったりしています。

"My angel face"は"自分の持つ善人の顔" = "善良な心"を指すメタファで、
"My angel face, has slept with tears in her eyes"はもう少し意訳すると、
"彼女を泣かせても 僕の良心は眠ったままだ"みたいなニュアンスかなと。

伝わりづらかったかな、と思い補足しました。


その後の"Don't leave me please"は、僕の叫びとするか、彼女の叫びとするか迷ったけど、
複雑に考えず選ぶなら…と後者を選びましたが、それでもまだ、もう片方も捨てきれずにいます。

“僕から離れないでくれ”と言いながら、結局彼女を捨ててしまうかもしれない僕。

“私から離れないで”という彼女を、それでも捨ててしまうかもしれない僕。

両方想像できるのですが、どちらなんでしょうね。
映画のことを想うと、前者のより複雑な心情もありだと思います。

実は、そもそも久石譲さんが好きでサントラを集めているので、
映画やドラマの良し悪しどころか、作品を観ずにサントラだけ買ったりもしています。
今回の映画も先にサントラを聴いて、先日たまたま映画を観る機会があったのですが、
長距離移動の車内で、仕事の電話なんかに邪魔されながら観たので、
大筋は掴めたけど、細かな心理描写を見逃してる気がしてならないんです。

だから自分の中で、"Don't leave me please"の答えが決められないのかも。

そんなことを考えていたら原作を読みたくなって、今朝Amazonでポチってみました。
もしかしたら、そこにこの答えがあるかも知れません。

これが日本語だったら、"me"が"僕"や"私"に変わり、分かるものなのでしょうか?
日本語なら、主語がなくても言葉づかい(口調)で男女の言葉を聞きわけられる場合もありますよね。

英語に疎い私などは、どうなんだろうと不思議に思います。


最後に、"If I could un-wine the time and stay with you"の"un-wine"。
辞書とネットで調べましたが、よく分かりません。
"un" + "wine"、それとも"unwind"の間違い?
後者だとすれば、"緊張をほぐす"とか、"くつろぐ"という意味ですが、
次に続く単語"時間(the time)"を巻き戻すの意味にとれなくもない。
でも、それなら一般的には"rewind"ですよね。
しかもなんか"the"が付いてる…ってことは、"あの時の"、"当時の"ってこと?

前者を選べば、"もしあのひと時にワインを振舞いもせず 君と一緒にいられたら"。

後者を選んだ場合の"もしあの時を巻き戻し 君と一緒にいられたら"は、
日本語としてはすごく自然だけど"rewind"じゃないのが気になる。
"くつろぐ"の意味なら"もしあの時の中に安息を見い出し 君と一緒にいられたら"かな。

とはいっても、大手通信カラオケのサイトで調べても"un-wine"で間違いないようで、
歌ってるのを聞いても"un-wine"って言ってるような…(ヒアリング力ないし当てにならないけど)

"unwind"をわざわざ"un-wine"と書き換える理由も見当たらず、"rewind"じゃないのも変で、
そこまでして日本語の"時を巻き戻す"に囚われてもいけないと、前者採用!

"un-wine"ってなんなんだ…。
映画の配給会社でも、アーティストの所属事務所でもいいから、問い合わせたいくらい気になる。

歌詞 和訳 Procol Harum feat. Yuming (松任谷由実) - 青い影 (A Whiter Shade of Pale) (プロコル・ハルム feat. ユーミン - ア・ウィンター・シェイズ・オブ・ペイル)

Procol Harum feat. Yuming (松任谷由実) - 青い影 (A Whiter Shade of Pale) (プロコル・ハルム feat. ユーミン - ア・ウィンター・シェイズ・オブ・ペイル)
My Tags: UK / JP / Tender





Song by Procol Harum

クラシック曲のサンプリング・ソング、第6弾。

大好きなユーミンが歌っていて知った"青い影"の歌詞を和訳してみました。

J.S. バッハの"G線上のアリア"をモチーフにしていると言われれば、
確かに似ているような気がする、そんな曲です。

ずっと流れてる副旋律(裏メロ)が似てるんですよね。

そのあたりの定義には疎いけど、この似てるはサンプリングとは言わないんじゃないかな。
なんとなく彷彿とさせる、その程度ではあるのですが、
広義でクラシック曲のサンプリング・ソングにカテゴライズしています。


元々はイギリスのバンド、プロコル・ハルムが1967年にリリースした曲で、
原題は"A Whiter Shade of Pale"といいます。

ユーミンによるカヴァーは動画が見つからなかったので、
オリジナル・ヴァージョンの動画を紹介しています。



【英語 & 日本語 対訳】
"We skipped the light fandango
Turned cartwheels 'cross the floor
I was feeling kinda seasick
But the crowd called out for more
The room was humming harder
As the ceiling flew away
When we called out for another drink
The waiter brought a tray"

僕らは陽気なファンダンゴを舞って跳ね回り
フロア中を側転していたんだ
僕は船酔いしたような気分だったけど
観客はもっとと掛け声をあげていた
部屋はきつく臭ってたんだ
天井を消し去るくらいに
僕らはもう一杯別のドリンクを頼み
ウェイターがトレイを持ってきた

  ( *1 )
"And so it was that later
As the miller told his tale
That her face, at first just ghostly,
Turned a whiter shade of pale"

それはその後 起こったんだ
水車小屋で働くあいつが 彼の物語を語るのと同時に
最初はただ幽霊のようだった彼女の顔は
おぼろげで儚い冬の陰へと変わっていった

"She said, "There is no reason
And the truth is plain to see"
But I wandered through my playing cards
And they would not let her be
One of sixteen vestal virgins
Who were leaving for the coast
And although my eyes were open wide
They might have just as well been closed"

彼女は言ったんだ “理由なんかなくても
何が本当かはひと目見れば分かるの”
僕がトランプを手に心の迷路を彷徨っていても
みんなが彼女を止めるだろう
16のウェスタの乙女 そんな一人の女を
一体誰が岸に向かわせるというんだ?
僕の瞳は大きく開いていたけれど
みんなの瞳は幸せなことに閉じられていたかもしれない


  ( *1 repeat )


"She said, "I'm here on a shore leave,"
Though we were miles at sea
I pointed out this detail
And forced her to agree,
Saying, "You must be the mermaid
Who took King Neptune for a ride"
And she smiled at me so sweetly
That my anger straightway died"

彼女は言ったんだ “船が陸に着く休暇の間はここにいるわ”
海にいれば僕らは遠く離れていたけど
僕は些細なことにもちゃんと目を向けていた
それに強引な君には従うしかなかったんだ
言ってるじゃないか “君はマーメイドじゃなきゃいけないんだ
一体誰が海王ネプチューンを攫って殺すというんだ?”
すると彼女は とてもやさしい微笑みを僕にくれたんだ
僕の怒りがただまっすぐに消えていったから


  ( *1 repeat )


"If music be the food of love
Then laughter is it's queen
And likewise if behind is in front
Then dirt in truth is clean
My mouth by then like cardboard
Seemed to slip straight through my head
So we crash-dived straightway quickly
And attacked the ocean bed"

もし音楽が愛の糧だというなら
笑いこそがクイーンだ
そして同じように もしその背に隠されたものが目の前にあったなら
真実の中に存在するごみさえも清められる
僕の言葉が意味を失くす頃には
僕の頭へまっすぐすり抜けていくのが見えるはずだ
だから僕らは大急ぎでただまっすぐに潜っていった
海のベッドを襲ってやったんだ


  ( *1 repeat )



Memo:
light = 明るい 輝いている
fandango = ファンダンゴ (※スペインの民俗舞踊 フラメンコの一種で陽気なダンス)
turn cartwheels = 側転する
seasick = 船に酔った
hum = (汗や体臭などで)悪臭がする (※イギリス英語)
fly away = 飛び去る 取り除く
miller = 粉屋 / 水車屋 / 工場で働く人
shade = 陰 暗がり (※メタファ)
pale = (色の濃さが)薄い 淡い / (顔色などが)青白い 青ざめた /
(物事が)力のない 弱々しい / (光の強さが)ぼんやりした
vestal virgins = ウェスタの処女 (ウェスタの乙女 ウェスタの巫女ともいう)
just as well = かえって幸いな 好都合な ~とは幸運だ
shore leave = (船員・水兵・海軍士官に与えられる)上陸許可 上陸を許可された時間 休暇
miles = かなりの距離
forced to agree = 無理やり同意させられる
take someone for a ride = (人)を欺く / 車で連れ出す / 誘拐して殺す
King Neptune = キング・ネプチューン
cardboard = ボール紙の(ような) / 生き生きしていない 実質のない
crash dive = (潜水艦の)急速潜航





"ウェスタの処女"(vestal virgins)とは、ローマ神話に登場する竃(かまど)の神で、
家庭や結婚の守護神と言われている女神ウェスタに仕えた巫女たちを指すそうです。

"sixteen"が表わすのは、何の数字なんでしょうね。
16人?16歳?それとも他の何かを表す数字?

分からないことは決めつけないで"16のウェスタの処女"と訳しましたが、
どちらにしても"one of"の部分が邪魔で、
"16のウェスタの処女の一人"って同じ助詞が続いて語感最悪ですよね。

そんな理由から、苦肉の策で、ああいう訳になってます。

"二十四の瞳"が24つの瞳じゃなく、"15の夜"が15歳の夜じゃないのは、
イイ選択ですよね。そのほうが絶対響きが綺麗だもん。


"キング・ネプチューン"(King Neptune)もローマ神話に登場する海の神。
海王神ですね。


海軍士官か船員か、海に出る仕事に就く僕と、その恋人である彼女のストーリーですが、
明確に描かれていない背景を想像して感じる詩なんだと思っています。

直訳した詩は不明瞭な部分が多いけど、それは原詩でも同じだし、
聴く人によって受け取り方は違うけど、そこにこそこの詩の真価があるのかなと。





ユーミンのカヴァーは、2014年にリリースされたユーミンのベスト・アルバム
"日本の恋と、ユーミンと。"に収録されています。

プロコル・ハルム feat. ユーミンの名義なので、
そこだけ見るとセルフ・カヴァーという位置付けになりますが、
このベスト・アルバムのために、ユーミンサイドからオファーして実現したもので、
実質的に松任谷由実によるカヴァーといえます。

オリジナル・アーティストへの敬意を表す意味で、クレジットに配慮されたのかもしれません。

ユーミンの音楽に影響を与えたというだけあって、
"ひこうき雲"とか"翳りゆく部屋"とか、特に初期のユーミンの音楽に近しい雰囲気を感じます。




他にもこんな"A Whiter Shade of Pale"があります。



2013年に公開されたトム・クルーズ主演の映画"オブリビオン"の挿入歌に使われたり。



1988年には日産の自動車"シルビア"のCMソングに使われたり。


Song by Annie Lennox

イギリスのシンガー、アニー・レノックスがカヴァーしたり。

動画はなかったけど、アンジェラ・アキも自身で綴った日本語の訳詩でカヴァーしています。

2015/01/29

歌詞 和訳 Sweetbox feat. Toby Breitenbach - Everything's Gonna Be Alright -Reborn- (スウィートボックス - エヴリシング・イズ・ゴナ・ビー・オールライト リボーン)

Sweetbox feat. Toby Breitenbach - Everything's Gonna Be Alright -Reborn- (スウィートボックス - エヴリシング・イズ・ゴナ・ビー・オールライト リボーン)
My Tags: Germany / Love



Song by Sweetbox feat. Toby Breitenbach

クラシックのサンプリング・ソング、第5弾…というか4.5弾かな?



スウィートボックスが2005年にリリースしたベスト・アルバム"Best of Sweetbox"より、
"Everything's Gonna Be Alright -Reborn-"の歌詞を和訳してみました。

この曲は、彼らのヒット・ソング"Everything's Gonna Be Alright"のニュー・ミックス。

何度かヴォーカルが変わっていますが、
リリース当時のヴォーカル、ジェイド・ビラロン(Jade Villalon)が、
トビー・ブラィティンバッハをフューチャリングしてカヴァーしています。

和訳した"Everything's Gonna Be Alright"とは、
歌詞がかなり変わっていたので、気になって一緒に和訳してみました。

オリジナルは"永遠の愛"と"献身"をテーマに和訳しましたが、
再生(reborn)して生まれ変わったら…あれ?…全然違う…。

“何かが終わる時 新たな何かが始まる”とでもいうか、
ここから甦れという意味の"reborn"なんでしょうか。

じゃあやっぱりこっちは"リボーン"がテーマかな。



【英語 & 日本語 対訳】
"I guess we've reached the grand finale
I'll take a bow while the curtains close
Oh all my life I'll remember this
And what it meant to live"

ふたりはもうグランド・フィナーレまで着ていたの
幕が下りる間は ステージに上がってお辞儀するわ
Oh 私は一生思い出すの この瞬間と
生きることの意味を


  ( *1 )
"Everything's gonna be alright
Everything's gonna be okay
Everything's gonna be alright
(Together we can take this one day at a time)
Can you take my breath away? (Yeah)
Can you change my life today? (No doubt)
Is everything gonna be okay?
(I'll be your strength, I'll be here when you wake up)"

何もかもうまくいくわ
全部それでいいわ
すべてが正しく進んでいくの
(ふたり一緒なら 一日一日を刻みながら一歩ずつ進んでいける)
息をのむほど私を驚かすことができる? (Yeah)
今を生きる私を変えることができる? (そうよね)
全部それでいいんでしょ?
(私があなたの強みになって 目覚める時はここにいるわ)

Toby Breitenbach & Jade Villalon:
"One last chord on my piano (One last chord on my piano)
One last drag on my cigarette (One last cigarette)
Oh one final look I'll take at you
One last goodbye forever"

最後に一度 僕のピアノで和音を奏で
最後に一度 僕の煙草を吸い込むんだ
Oh 最後にもう一度 君を見に行くよ
最後にもう一度だけ 永遠のサヨナラを告げるんだ


  ( *1 repeat )


"Everything's gonna be alright..."

すべてがちゃんとうまくいくわ

"My famous last words echo
As I put down my pride and close the doors
Oh I'm burned and scarred from wasted time
And bruised from thoughts of you"

最後に言った当てつけの言葉を何度も思い出す
プライドを捨てきれずドアを閉じたら
Oh 身を焦がして 無駄な時間が傷跡を残したわ
そして あなたの想いに傷ついたの


  ( *1 repeat )


"Everything's gonna be alright
Everything's gonna be okay
Everything's gonna be alright
(Together we can take this one day at a time)
Can you take my breath away? (breath away)
Can you change my life today? (today)
Is everything gonna be okay?
(I'll be your strength, I'll be here when you wake up)"

何もかもうまくいくわ
全部それでいいわ
すべてが正しく進んでいくの
(ふたり一緒なら 一日一日を刻みながら一歩ずつ進んでいけるわ)
息をのむほど私を驚かすことができる? (Yeah)
今を生きる私を変えることができる? (そうよね)
全部それでいいんでしょ?
(私があなたの強みになって 目覚める時はここにいるわ)

"Everything's gonna be alright..."

すべてがちゃんとうまくいくわ




Memo:
grand finale = グランド・フィナーレ (※演劇などの最後の見せ場)
take a bow = (舞台上で)礼をして拍手に答える (※イディオム 意訳してます)
no doubt = 本当だね その通りだ (※口語)
one day at a time = 一日一日着実にいきましょう (※イディオム 意訳してます)
take one's breath away = (驚きなどで)息をのませる
famous last words = 死ぬ直前に言った有名な最後の言葉 = それはどうかな
(※イディオム 相手の得意げな発言に対する皮肉めいた用法)
put down = 蓄えておく 保存する (※逆訳してます)
scar from = ~の跡



オリジナル・ヴァージョンの"Everything's Gonna Be Alright"はコチラ。


Song by Sweetbox



1998年にリリースされた1stアルバム"Sweetbox"に収録されています。

こちらは何かに躓き、自信を失った背中を押してくれるような深い詩で、
そんな誰かをやさしく見守る愛の歌でもあります。

それも、結婚式の定番ソングとして人気の所以かもしれません。

良かったら歌詞を見比べてみてください。


モチーフになったバッハの"G線上のアリア"です。


Performance by Amsterdam Baroque Orchestra

"管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV 1068 - 第2楽章 エール 「G線上のアリア」"
(Overture (Suite) No. 3 in D major, BWV 1068 - II. Air)

イングヴェイ・マルムスティーンの"Prisoner of Your Love"も、
このクラシック曲がサンプリングされています。

2015/01/28

歌詞 和訳 Sweetbox - Everything's Gonna Be Alright (スウィートボックス - エヴリシング・イズ・ゴナ・ビー・オールライト)

Sweetbox - Everything's Gonna Be Alright (スウィートボックス - エヴリシング・イズ・ゴナ・ビー・オールライト)
My Tags: Germany / Love / Bridal



Song by Sweetbox

クラシックのサンプリング・ソング、第4弾です。



スウィートボックスが1998年にリリースした1stアルバム"Sweetbox"より、
"Everything's Gonna Be Alright"の歌詞を和訳してみました。

先日和訳した、イングヴェイ・マルムスティーンの"Prisoner of Your Love"と同じで、
J.S.バッハ(Johann Sebastian Bach)の"G線上のアリア"がサンプリングされてます。

2011年公開の映画"パラダイス・キス"で挿入歌として使われたり、
ブライダル・ソングとしても人気があるようで、結婚式で何度か聴いたことがあります。

眠る"あなた"に哀しい色が見え隠れしますが、
色んな想いを支えてくれる詩だと思います。

どんな背景があって書かれた詩かは分からないけど、
この眠りは、暗に意識の戻らぬ病床の恋人を指すのではなく、
大切な恋人が日常の苦しみに落ち込む姿だったり、疲れて立ち止まる姿だったり、
そんな象徴でもあるのかな、と思っています。

"永遠の愛"と"献身"をテーマに和訳してみました。



【英語 & 日本語 対訳】
"Everything's gonna be alright
Everything's gonna be alright"

何もかもうまくいくわ
すべてが正しく進んでいくの

"Whoever thought the sun would come crashing down
My life in flames, my tears concrete the pain
We feel the end, the darkest, deepest riverbed
My book of life ain't complete without you here"

太陽が砕け 降り注ぐ姿を 誰が想像しただろう
私の命は炎に包まれ 涙は痛みさえ形にしてしまう
私たちが気付くのは 世界の終末 暗黒の闇 そして深き川の底
あなたがここにいなければ 私の生命の書は完成しないのに

"Alone I sit and reminisce, sometimes
I miss your touch, your kiss, your smile
And meanwhile you know I never cry
'Cuz deep down inside, You know our love will never ever die"

たまにひとりになって じっと想いを馳せるの
恋しくなるわ あなたが触れ あなたが口づけ あなたがほほ笑んだこと
その時だって分かってたでしょ? 決して私は泣いたりしない
だって心の底であなたは気付いてる 何があっても絶対に ふたりの愛は朽ちたりしないと

  ( *1 )
"Everything's gonna be alright (Yeah)
Everything's gonna be okay (No doubt)
Everything's gonna be alright
(Together we can take this one day at a time)"

何もかもうまくいくわ (Yeah)
全部それでいいわ (そうよね)
すべてが正しく進んでいくの
(ふたり一緒なら 一日一日を刻みながら一歩ずつ進んでいけるわ)

"Can you take my breath away? (Yeah)
Can you give him life today? (No doubt)
Is everything gonna be okay?
(I'll be your strength, I'll be here when you wake up)
(Take your time, and I'll be here when you wake up)"

息をのむほど私を驚かすことができる? (Yeah)
今日を生きる力を彼に与えることができる? (そうよね)
全部それでいいんでしょ?
(私があなたの強みになって 目覚める時はここにいるわ)
(あなたのペースで進めばいいの 目覚める時はここにいるから)

"I never thought my heart would miss a single beat
Caress your hands, as I watch you while you sleep
So sweet, I weep as I search within
To find a cure, to bring you back again"

単調に刻むだけの鼓動を私の心臓が忘れてしまうなんて 想像もしなかった
あなたの手をそっと撫でながら あなたが眠る姿を見ているの
あまりにも愛しくて 涙に濡れながら 心の中まで探してしまう
癒し方を見つけるために そして もう一度あなたを呼び戻すために

"And the sun will rise, open up your eyes
Surprise, just a blink of an eye
I try, I try to be positive
You're a fighter, so fight, wake up and live"

やがて太陽が昇り あなたの瞳は開くだろう
一瞬の瞬きでも驚いてしまう
試しているわ 前向きであろうとしているの
あなたは闘っている 必死に闘い 目を覚まして生きるの


  ( *1 repeat )


"Can you take my breath away? (Yeah)
Can you give him life today? (No doubt)
Is everything gonna be okay?
(I'll be your strength, I'll be here when you wake up)
Everything's gonna be alright"

息をのむほど私を驚かすことができる? (Yeah)
今日を生きる力を彼に与えることができる? (そうよね)
全部それでいいんでしょ?
(私があなたの強みになって 目覚める時はここにいるわ)
すべてが正しく進んでいくの

"I'd give my life to only see you breathe again
Hand in hand as we walk on the white sands
To hear your voice, rejoice as you rise and say
"This is the day that I wake, and pray, okay?" "

ただもう一度 あなたの息づく姿を見るためなら 私の命を差し出すわ
手を繋いで 白い砂浜の上をふたりで歩くの
あなたの声を聴かせて 起き上がって言ってくれたら嬉しいのに
“今日が僕の目を覚ます日なんだ だから祈って 分かったかい?”

"Tears in silence, as time just moves on
You can't hear it though, but I'm playin' my favorite songs
I miss you much, I wish you'd come back to me
You see I'd wait a lifetime, 'cuz you're my destiny"

静寂の中に涙が零れ 時間だけが過ぎていく
たとえあなたに聴こえなくても 大好きな歌を流しているの
あなたがとても恋しいわ 私は願うの あなたが私のもとへ戻ってくるように
あなたにも分かるでしょ 命が続く限り私は待つわ だってあなたは私の運命の人だもの


  ( *1 repeat )


  ( *2 )
"Can you take my breath away? (Yeah)
Can you give him life today? (No doubt)
Is everything gonna be okay?
(I'll be your strength, I'll be here when you wake up, alright)"

息をのむほど私を驚かすことができる? (Yeah)
今日を生きる力を彼に与えることができる? (そうよね)
全部それでいいんでしょ?
(私があなたの強みになって 目覚める時はここにいるから 大丈夫よ)


  ( *1-2 repeat )


"Everything's gonna be alright (No doubt)
Everything's gonna be alright"

何もかもうまくいくわ
すべてが正しく進んでいくの




Memo:
deep down inside = 深いところでは 本心では 心の中では 内心は
no doubt = 本当だね その通りだ (※口語)
one day at a time = 一日一日着実にいきましょう (※イディオム 意訳してます)
take one's breath away = (驚きなどで)息をのませる
take your time = 時間をかけて構わないよ 急がなくていいよ (※イディオム 意訳してます)
caress = (愛情もって軽く)触る なでる 愛撫する





モチーフになったバッハの"G線上のアリア"です。


Performance by Amsterdam Baroque Orchestra

"管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV 1068 - 第2楽章 エール 「G線上のアリア」"
(Overture (Suite) No. 3 in D major, BWV 1068 - II. Air)



あと、いくつかアナザー・ヴァージョンを…。


まず、2005年リリースのベスト・アルバム"Best of Sweetbox"より。


Song by Sweetbox feat. Toby Breitenbach

ニュー・アレンジでロックテイストが加わった"Everything's Gonna Be Alright -Reborn-"。

リリース当時のヴォーカル、ジェイド・ビラロン(Jade Villalon)が、
トビー・ブラィティンバッハとのデュエットでカヴァーしています。

"再生(reborn)"と題したこちらは、歌詞もすっかり変更されて、
愛の終わりと始まりを象徴する歌に生まれ変わっています。
(こちらも別で和訳したので良ければコチラで比べてみてください)


次は、2009年リリースの7thアルバム"The Next Generation"より。


Song by Sweetbox

中田ヤスタカ氏による"Yasutaka Nakata(capsule)Remix"。


そういえば、スウィートボックスの現在のヴォーカルって福原美穂さんなんですよね?

彼女が日本でリリースした曲には、素敵なのがたくさんあるけど、
中でも"Regrets of Love"は最高です。

脱線しまくりだけど、リンクしちゃえ!


Song by 福原美穂

また日本語でも歌ってほしいな。

歌詞 和訳 Annie Cast - I Think I'm Gonna Like It Here (アニー・キャスト - アイ・シンク・アイム・ゴナ・ライク・イット・ヒア)

Annie Cast - I Think I'm Gonna Like It Here (アニー・キャスト - アイ・シンク・アイム・ゴナ・ライク・イット・ヒア)
My Tags: US / Happy



Song by Quvenzhané Wallis as Annie & Rose Byrne as Grace

2014年公開の映画"ANNIE/アニー"から、
"I Think I'm Gonna Like It Here (2014 film ver.)"の歌詞を和訳してみました。

アニーがグレースにウィルの家を案内してもらうシーンで歌っている歌です。
アニーとグレースがマンハッタンを見渡せる高層ビルのテラスで踊ってる…あのシーン。

ミュージカル"アニー"のナンバーですが、以前とは歌詞が変更になっていて、
アニー役のクワベンジャネ・ウォレスとグレース役のローズ・バーンが歌っています。

(一緒に見学してるソーシャル・ワーカーの女性、
ミセス・コヴァチェヴィク役のステファニー・カルツーバもちょっとだけ)


アニーの曲は他に"Tomorrow"、"Maybe"、"Opportunity"、
"You're Never Fully Dressed Without a Smile"、"Moonquake Lake"、
"The City's Yours"、"It's The Hard-Knock Life"、"Little Girls"、"Who am I?"、
"I Don't Need Anything But You"、"Easy Street"を和訳しています。




【英語 & 日本語 対訳 (2014 Film Version)】
"(I think I'm gonna like it here!)"

“きっとココが好きになるわ!”

"I think I'm gonna like it
I'm sure I'm gonna like it
I think I'm gonna like it here!"

私 きっと好きになるわ
絶対気に入ると思うの
きっとココが好きになるわ!


Grace:
"(So, think it and it shall appear)"

“ええ そう思ってて 必ずそう思うから”

Annie:
"I think I'm gonna like it here"

きっとココが好きになる気がするの

Grace:
"Because it knows just what you want to see"

だってあなたの期待するものはちゃんと分かってる

Annie:
"(Wait! I think it and it comes to me?)"

“待って! そう思ってれば私にも訪れるってコト?”



Grace:
"Here's something worthy to play"

ココは遊ぶにはなかなかイイ場所よ

Annie:
"Wait! I couldn't do that yesterday
I think I'm gonna like it here"

ちょっと待って! 昨日はできなかったのに…
ココが好きになりそうよ

Grace:
"It's very hard not to, my dear"

そんなに難しいことじゃないのよ マイ・ディア


  ( *1 )
"Yes! Yes! I think I'm gonna like it here
Yes! Yes! I think I'm gonna like it here
Think I'm gonna like it here
I think I'm gonna like it here"

Yes! Yes! きっとココが好きになるわ
Yes! Yes! きっとココが気に入ると思うの
ココを好きになるの!
きっとココが好きになる気がするの

  ( *2 )
"Yes! Yes! I think I'm gonna like it here"
Yes! Yes! I think I'm gonna like it here
Think I'm gonna like it here"

Yes! Yes! きっとココが好きになるわ
Yes! Yes! きっとココが気に入ると思うの
ココを好きになるの!


Grace:
"(Look! It knows the temp you're comfy in)"

“見て! 快適な仮住まいでしょ 分かってるのよ”

Annie:
"(That's great! Can it teach me how to swim?)"

“すごいわ! 泳ぎ方も教えてもらえる?”

Grace:
"(We'll get a coach, No need to fear!)"

“コーチが来てくれるわ 怖がる必要はないのよ!”

Annie:
"(I think I'm gonna like it here)"

“私 ココが好きになりそうよ”


Grace:
"There's the Big Apple for you to eat"

この大きなリンゴはあなたが食べるのよ

Annie:
"I'd have been full with just a seed"

種がいっぱいだったわ

Grace:
"There's a whole new world in that mirror"

あの鏡の中には新しい世界があるわ

Annie:
"I think I'm gonna like it here"

私 ココが好きになりそうよ


  ( *1-2 repeat )


Grace:
"Everything you've ever dreamed is at your fingertips
And if you haven't dreamed it yet
Add it to your wishlist"

あなたがずっと夢見てきたものは 全部手の届く場所にあるの
それでもまだ想像できないっていうなら
あなたの欲しいものリストに追加するといいわ

Annie:
"(Is this Mr. Stacks's room?)"
“ココはスタックスさんの部屋?”

Grace:
"(No, Annie, this is your room)"

“アニー 違うわ ココはあなたの部屋よ”

Mrs. Kovacevic:
"(Sweet lord!)"

“なんて素敵な神様なの!”

Annie:
"I think I'm gonna like it
I know I'm gonna like it"

私 きっと好きになるわ
気に入るって分かるの

Grace:
"I know you're gonna like it"

あなたは気に入るって分かってるわ

Mrs. Kovacevic:
"Damn right, you're gonna like it"

当たり前よ あなたは気に入るわ

Annie:
"I think I'm gonna like it here!"

私 きっとココが好きになるわ!


  ( *1-2 repeat )


Annie:
"Yes! Yes!"

イエス! イエス!




Memo:
my dear = 親愛なる君 私の愛しいあなた (※愛情のこもった呼びかけのひとつ)
Mr. Stacks = ミスター・スタックス (※ウィルのこと)
lord = (キリスト教・ユダヤ教の)神
damn right = まさにその通り (※口語)






映画のサントラ"Annie: Original Motion Picture Soundtrack"に収録されています。

2015/01/27

歌詞 和訳 Annie Cast - Who Am I? (アニー・キャスト - フー・アム・アイ?)

Annie Cast/Cameron Diaz, Jamie Foxx & Quvenzhané Wallis - Who Am I? (アニー・キャスト/キャメロン・ディアス, ジェイミー・フォックス & クワベンジャネ・ウォレス - フー・アム・アイ?)
My Tags: US / Stronger



Song by Cameron Diaz, Jamie Foxx & Quvenzhané Wallis


2014年公開の映画"ANNIE/アニー"から、"Who Am I?"の歌詞を和訳してみました。

2014年版の映画で追加された新曲は全部で4曲なので、これで4曲とも和訳できました。

ミス・ハニガン役のキャメロン・ディアス、ウィル役のジェイミー・フォックス、
アニー役のクワベンジャネ・ウォレスの3人が歌っています。

複数で歌っているパートは、メイン・キーを歌ってるキャストの目線で和訳してます。


アニーの曲は他に"Tomorrow"、"Maybe"、"Opportunity"、
"You're Never Fully Dressed Without a Smile"、"Moonquake Lake"、
"The City's Yours"、"It's The Hard-Knock Life"、"Little Girls"、"Easy Street"、
"I Think I'm Gonna Like It Here"、"I Don't Need Anything But You"を和訳しています。



【英語 & 日本語 対訳】
Miss Hannigan:
"Who am I, what have I become?
Do I stand for something, or for money?
Who am I, where's my good girl gone?
You know I had a good heart once, you see"

私はどんな人間になったの?
何かのために立ち上がるの?それともお金のため?
よい子の私がいなくなって どんな人間になったの?
昔はやさしい心を持ってたってあなたなら知ってるわ そうでしょ?

Will:
"Who am I, now that my armor's worn?
I gave you what I didn't know I needed
Who am I, now that my heart has won?
I didn't know I need... anyone"

心の鎧を失くした俺は 一体どんな人間だ?
自分に必要だと気付くこともなかったのに それを君に与えた
愛する心を手に入れた俺は 一体どんな人間なんだ?
必要とするなんて思わなかったんだ…誰かのことを

Miss Hannigan & Will:
"But I've got today, I've got to make
The best I can of it
'Cause yesterday is dead and gone
And me along with it"

だけど今は手に入れた できるようになったの
そんな風にできるなんて最高だわ
だって昨日は消えて無くなったの
昨日までの私と一緒に…

Miss Hannigan & Will:
"I want to start again, so I'll look within
Remember what I wanted
'Cause I don't know who I've become
But I will trust in it
But I will trust in it"

もう一度始めたいの 自分の心に目を向けて
何を望んだのか思い出すの
だってどんな人間になったか分からない
だけど信じるわ
自分の望んだものを信じるの

Annie:
"Who am I to spend my life alone?
Forever looking for some place to call "home"
Who am I, about to meet myself?
This should feel right but something don't"

ひとりきりの人生を過ごす私はどんな人間?
“家”と呼べる場所をいつまでも探してる
自分に向き合おうとしてる私はどんな人間なの?
正しいと思わなきゃいけないのに 何か違うの

All:
"I want to start again, so I'll look within
Remember what I wanted
'Cause I don't know who I've become
But I will trust in it
But I will trust in it"

もう一度始めたいの 自分の心に目を向けて
何を望んだのか思い出すの
だってどんな人間になったか分からない
だけど信じるわ
自分の望んだものを信じるの

All:
"I will trust in it..."

それを信じるわ…

All:
"But today, I've got to make
The best I can of it
'Cause yesterday is dead and gone
And me along with it"

だけど今は できるようになったの
そんな風にできるなんて最高だわ
だって昨日は消えて無くなったの
昨日までの私と一緒に…"

"I want to start again"

もう一度始めたいの



Memo:
armor = 鎧 (※比喩)
wear = すり減る / (時間が経過し)なくなる 消える
along with = ~と一緒に ~と共に



歌で何度も出てくる“それ”。

“今は手に入れ”、“信じられる”という“それ”が指すものは、
ミス・ハニガンが持ってた“やさしい心(good heart)”であり、
ウィルが手に入れた気付いた“愛する心(my heart)”だと思っています。



映画のサントラ"Annie: Original Motion Picture Soundtrack"に収録されています。

歌詞 和訳 Annie Cast/Cameron Diaz - Little Girls (アニー・キャスト/キャメロン・ディアス - リトル・ガールズ)

Annie Cast/Cameron Diaz - Little Girls (アニー・キャスト/キャメロン・ディアス - リトル・ガールズ)
My Tags: US / Stronger





Song by Cameron Diaz as Miss Hannigan

2014年公開の映画"ANNIE/アニー"から、"Little Girls"の歌詞を和訳してみました。

この曲もミュージカルアニーのナンバーですが、
2014年のニュー・アレンジで一気に印象が変わりました。

歌詞がかなり(ほとんど)変更されているので、
手持ちのサントラから、"2014年の映画版"と"1977年のブロードウェイ・ミュージカル版"を
比較しながら和訳してみました。


まず、"2014年の映画版"から。



映画のサントラ"Annie: Original Motion Picture Soundtrack"に収録されていて、

ミス・ハニガンを演じるキャメロン・ディアスが歌っています。

アニーの曲は他に"Tomorrow"、"Maybe"、"Opportunity"、
"You're Never Fully Dressed Without a Smile"、"Moonquake Lake"、
"The City's Yours"、"It's The Hard-Knock Life"、"Who Am I?"、"Easy Street"、
"I Think I'm Gonna Like It Here"、"I Don't Need Anything But You"を和訳しています。



【英語 & 日本語 対訳 (2014 Film Version)】
  ( *1 )
"Little girls, little girls
Everywhere I turn I can see them
Little girls, little girls
Night and day I eat, sleep, and breathe them"

リトル・ガールズ リトル・ガールズ
どこにいたって振り向いて見つけられるわ
リトル・ガールズ リトル・ガールズ
昼も夜も 食べて眠って息をしながらよ

"Get outta here!"

“ここから出てって!”

"I should be anywhere but here
Private planes, on the stage or MTV
But I find myself here at this snot house
Little shoes, little socks"

ここじゃないどこかに行かなきゃ
自家用ジェットで 舞台やMTVの世界へね
だけどココにいたら自分を思い知らされるわ 忌々しいこの家で
ちいさな靴と ちいさな靴下に

  ( *2 )
"Please kill me, I'm serious
Please kill me!
I'm not singing, I'm asking!"

お願い 殺して 私は本気よ
お願い 私を殺してよ!
歌ってるんじゃないわ 頼んでるの!

"Locked in a cage with all of the rats
I slipped through the cracks, and now,
I'm stuck with the scraps and I can't seem to find my way back
Get me out, Get me out of here
I'm ready for stardom after all these years"

ネズミたちみんなと一緒に 檻に閉じ込められて
亀裂を通って逃げ出したっていうのに
スクラップに邪魔されて 帰り道を見つけられないの
私を外に出して ココから連れ出してよ
何年も前からずっと スターになる準備はできてるわ

  ( *3 )
"I'm done with little girls
I wanna be someone in this world"

ちいさな少女たちと一緒じゃダメなのよ
この世界で大物になりたいの


  ( *1 repeat )


"Get outta here!"

“ここから出てって!”

"Yes, I wanna tear my hair out
I should be famous, a part of history
But I find myself here at this snot house
Little shoes, little socks"

そうよ 頭をかきむしりたいわ
有名にならなきゃ 歴史の一部にね
だけどココにいたら自分を思い知らされるわ 忌々しいこの家で
ちいさな靴と ちいさな靴下に


  ( *2 repeat )


"Locked in a cage with all of the rats
I slipped through the cracks and now
I'm stuck with the scraps and I can't seem to find my way back
Get me out, Get me out of here
(Oh throw me a rope!)
I'm ready for stardom after all these years"

ネズミたちみんなと一緒に 檻に閉じ込められて
亀裂を通って逃げ出したっていうのに
スクラップに邪魔されて 帰り道を見つけられないの
私を外に出して ココから連れ出してよ
(ねぇ ロープを投げて!)
何年も前からずっと スターになる準備はできてるわ


  ( *3 repeat )


"Little girls, little girls"

リトル・ガールズ リトル・ガールズ




次は"1977年のブロードウェイ・ミュージカル版"。


Song by Dorothy Loudon as Miss Hannigan

ミス・ハニガン役は、ドロシー・ラウドン。



【英語 & 日本語 対訳 (1977 Broadway Version)】
"Little girls, Little girls
Everywhere I turn I can see them
Little girls, Little girls
Night and day, I eat, sleep and breathe them"

リトル・ガールズ リトル・ガールズ
どこにいたって振り向いて見つけられるわ
リトル・ガールズ リトル・ガールズ
昼も夜も 食べて眠って息をしながらよ

"I'm an ordinary woman
With feelings
I'd like a man to nibble on my ear"

私がつまらない女でも
感情は持ってるわ
私の耳にかじりつくような男がほしいの

"But I'll admit
No man has bit
So how come I'm the mother of the year?"

でも認めるわ
そんな男ちっともいやしないの
どうして私が今年一番の母親なのよ?

"Little cheeks, Little teeth
Everything around me is little
If I wring, Little necks
Surely I will get an acquittal"

ちいさなほっぺ ちいさな歯
私の周りにあるものは何だってちいさいの
もし私が そのちいさな首を絞めたって
間違いなく無罪を勝ち取るわ

"Some women are dripping with diamonds
Some women are dripping with pearls"

ダイヤモンドで飾り立てる女もいれば
パールで飾り立てる女もいるわ

"Lucky me! Lucky me!
Look at what I'm dripping with little girls"

私に幸運をちょうだい!
ちいさな少女たちで着飾った私を見てよ

"How I hate
Little shoes, Little socks, And each little bloomer
I'd have cracked, Years ago
If it weren't for my, Sense of humor"

なんて最悪なの!
ちいさな靴 ちいさな靴下 自分用のちいさなブルマ
何年も前に 私は壊れてしまったわ
ユーモアのセンスがなかったんだとしても

"Some day, I'll step on their freckles
Some night, I'll straighten their curls"

いつか あのコたちのそばかすを踏みつけて
夜になったら 巻き毛をまっすぐに伸ばしてしまうわ

"Send a flood, Send the flu
Anything that You can do
To little girls"

水をたくさん送り込んで インフルエンザにしてやって
何かあなたにできることを
ちいさな少女たちに

"Some day, I'll land in the nut house
With all the nuts and the squirrels"

いつか 精神科の病院に入るんだわ
フェチストや変わり者と一緒にね

"There I'll stay, Tucked away
Until the prohibition of little girls"

そこにずっと隠れてるんだわ
“ちいさな少女は禁止”って そうなるまでは




Memo:
little girl = ちいさな女の子
private plane = 自家用機
snot = うっとうしい
stuck with = ~に行き詰まっている
someone = 重要な人物
tear one's hair out = (感情が高ぶり)髪をかきむしる 頭を抱える 取り乱す
the mother of the year = 年間で最も優秀な母親
drip with = 飾る
crack = ひびが入る 割れる 折れる 裂ける
nut house = 精神科病院
nut = マニア 変わり者 おかしくなったやつ (※俗語表現)
squirrel = 変人 (※俗語表現)
tucked away = 隠れている




最後は過去2回の映画化で歌われた"Little Girls"です。


1982年公開の映画より。


Song by Carol Burnett as Miss Hannigan

ミス・ハニガン役は、キャロル・バーネット。

アメリカのTVドラマ"デスパレートな妻たち"にも、
ブリーのパパの再婚相手役で出演してます。


次は1999年公開の映画より。


Song by Kathy Bates as Miss Hannigan

ミス・ハニガン役は、キャシー・ベイツ。

彼女が主演を務めたアメリカのTVドラマ
"ハリーズ・ロー 裏通り法律事務所"(Harry's Law)は大好き。

2015/01/26

歌詞 和訳 Billy Joel - This Night (ビリー・ジョエル - ディス・ナイト)

Billy Joel - This Night (ビリー・ジョエル - ディス・ナイト)
My Tags: US / Love



Song by Billy Joel

クラシックのサンプリング・ソング、第3弾です。



ビリー・ジョエルが1983年にリリースした9thアルバム"An Innocent Man"より、
"This Night"の歌詞を和訳してみました。

サンプリングされてるのは、
"悲愴"の名前で有名なベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)のピアノソナタ。

このソナタも切なくてキュンとするけど、"This Night"もヤバいです。
この切なさはたまらない。



【英語 & 日本語 対訳】
"Didn't I say
I wasn't ready for a romance
Didn't we promise
We would only be friends"

言わなかったかな?
僕は恋に落ちる準備ができてなかったんだ
ふたりで約束しなかった?
かけがえのない友人になろうと

"And so we danced
Though it was only a slow dance
I started breaking my promises
Right there and then"

だからふたりで踊ったんだ
それはたった一度のスロー・ダンスだったけど
僕はその約束を破り始めてた
あの場所で 君と踊ったあの時から

"Didn't I swear
There would be no complications
Didn't you want
Someone who's seen it all before"

誓わなかったかな?
いざこざなんて起きやしないと
君は必要としなかった?
何でも解ってくれる誰かを

"Now that you're here
It's not the same situation
Suddenly I don't remember the rules anymore"

君は今ここにいるというのに
いつもと同じじゃいられないんだ
ふと気付けば 僕はもうルールなんて思い出せない

"This night is mine
It's only you and I
Tomorrow
Is a long time away
This night can last forever"

この夜は僕のものだ
君と僕しかいない
明日は
遠くずっと先にある
この夜が永遠をくれるんだ

"I've been around
Someone like me should know better
Falling in love
Would be the worst thing I could do"

ずっとそばにいたんだ
僕みたいな男は思慮深くないといけない
恋に落ちるなんて
僕には最悪の事態だ

"Didn't I say
I needed time to forget her
Aren't you running from someone
Who's not over you"

言わなかったかな?
彼女を忘れる時間が必要だったと
君も誰かのもとから逃げてないだろ?
君をふっきれないのは誰なんだ?

"How many nights
Have I been lonely without you
I tell myself
How much I really don't care"

どれほどの夜
君のいない孤独を抱えてきただろう?
自分に語りかけるんだ
幾度かなど気にしたりはしないって

"How many nights
Have I been thinking about you
Wanting to hold you
But knowing you would not be there"

どれほどの夜
君を想ってきただろう?
君を抱きしめたいけど
もうそこにいないって知ってるんだ

"This night
You're mine
It's only you and I
I'll tell you
To forget yesterday
This night we are together"

今夜
君は僕のものだ
君と僕しかいない
君に語りかけるんだ
昨日のことは忘れていいと
今夜は ふたり一緒だ

"This night
Is mine
It's only you and I
Tomorrow
Is such a long time away
This night can last forever"

この夜は
僕のものだ
君と僕しかいない
明日は
あまりにも遠くずっと先にある
この夜が永遠をくれるんだ

"Tomorrow
Is such a long time away
This night can last forever"

明日は
あまりにも遠くずっと先にある
この夜が永遠をくれるんだ




Memo:
romance = ロマンス 恋愛
right then and there = その場その時
complication = 複雑な事態 入り組んだ関係
swear = 断言する 保証する
seen it all = 全部見てきた = 経験を積んだ 人生豊かな
last forever = いつまでも続く 永遠に続く
know better = もっと分別をもつ わきまえている
run from = ~から逃れる
over A = Aを飛び越える 打ち勝つ = Aをふっきる 忘れる





ベートーヴェンのピアノソナタ"悲愴"です。


Performance by Krystian Zimerman

"Piano Sonata No. 8 in C minor, Op. 13, "Pathetique": II. Adagio cantabile"
(ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 「悲愴」 Op. 13 - 第2楽章 アダージョ・カンタービレ)

ピアノはクリスティアン・ツィマーマンの演奏です。


最後はライヴ・ヴァージョン。


Song by Billy Joel

ビリー、大好き♡

2015/01/25

歌詞 和訳 Queen - Teo Torriatte (Let Us Cling Together) (クイーン - 手をとりあって (レット・アス・クリング・トゥゲザー))

Queen - Teo Torriatte (Let Us Cling Together) (クイーン - 手をとりあって (レット・アス・クリング・トゥゲザー))
My Tags: UK / Tender



Song by Queen



クイーンが1976年にリリースした5thアルバム"A Day at the Races"より、
"Teo Torriatte (Let Us Cling Together)"の歌詞を和訳してみました。


世界は簡単じゃなく、色んなニュースが駆けめぐるけど。

手をとりあって。




【英語 & 日本語 対訳】
"When I'm gone
No need to wonder
if I ever think of you
The same moon shines
The same wind blows
For both of us
and time is but a paper moon...
Be not gone"

僕がいなくなっても
不思議がる必要はないんだ
ずっと君を想っていれば
いつもと同じ月が輝き
いつもと同じ風が吹くだろう
僕たちふたりのために
時はまやかしに過ぎない…
どうか行かないで

"Though I'm gone
It's just as though I hold the flower that touches you
A new life grows
The blossom knows
There's no one else could warm my heart as much as you...
Be not gone"

僕はいなくなっても
まるで君に触れる花を抱いているみたいだ
ひとつの新たな生命(いのち)が育み
その花は知るだろう
君ほど僕の心にぬくもりを与えられる人は他に誰もいない…
どうか行かないで

  ( *1 )
"Let us cling together as the years go by
Oh my love, my love
In the quiet of the night
Let our candle always burn
Let us never lose the lessons we have learned"

手をとりあって このまま行こう
愛する人よ
静かな宵に
光を灯し
愛しき教えを抱き

  ( *2 )
"Teo torriatte konomama iko
Aisuruhito yo
Shizukana yoi ni
Hikario tomoshi
Itoshiki oshieo idaki"

手をとりあって このまま行こう
愛する人よ
静かな宵に
光を灯し
愛しき教えを抱き

"Hear my song
Still think of me
the way you've come to think of me
The nights grow long
But dreams live on
Just close your pretty eyes and you can be with me...
Dream on"

僕の歌を聴いて
僕を想ってごらん
君は僕を想いながらやって来たんだ
夜が長くなろうとも
夢は続いていくだろう
君の美しい瞳を閉じるだけで 僕といられるんだ…
夢を見てごらん


  ( *2 repeat )


"When I'm gone
They'll say we're all fools and we don't understand
Oh be strong
Don't turn your heart
We're all
You're all
For all
For always"

僕がいなくなったら
僕たちはとても愚かで何も解っていないと 人は言うだろう
強くなるんだ
心を曲げてはいけないよ
ふたりがすべてで
君がすべてだ
皆のために
永遠に


  ( *1 repeat )




Memo:
paper moon = ペーパー・ムーン 紙でできた月 (※メタファ "作り物"の意)
warm one's heart = (人を)喜ばせる 心をなごませる
cling = くっついて離れない しがみつく
love = いとしい人 恋人
live on = 生き続ける



*1の英語詩と*2の日本語詩は同じなので、オリジナルのままにしています。

"paper moon"は直訳すると"紙でできたお月様"なのですが、
"作り物"という意味のメタファとして使われています。

元々は、記念撮影用のシンボルとして、
紙などで作られたはりぼてのお月様に座るのが流行していたそうです。



1973年公開の映画"Paper Moon"の写真を見るとイメージしやすいかな。



こんなカヴァーもあります。




Song by 手嶌葵

手嶌葵さんのカヴァー・ヴァージョンは、
岡田将生さんが出演しているIHIのCMソングとして流れていました。

歌詞 和訳 Annie Cast - It's The Hard-Knock Life (アニー・キャスト - イッツ・ザ・ハード・ノック・ライフ)

Annie Cast - It's The Hard-Knock Life (アニー・キャスト - イッツ・ザ・ハード・ノック・ライフ)
My Tags: US / Stronger



Song by Annie Cast

2014年公開の映画"ANNIE/アニー"から、
"It's The Hard-Knock Life"の歌詞を和訳してみました。

この曲は、ミュージカルアニーのナンバーで、過去の映画でも歌われています。

歌詞が少し変更されているので、私が持っているサントラ2枚、
"2014年の映画版"と"1977年のブロードウェイ・ミュージカル版"を和訳してます。

まず、"2014年の映画版"から。



映画のサントラ"Annie: Original Motion Picture Soundtrack"に収録されていて、

アニー役のクワベンジャネ・ウォレス (Quvenzhané Wallis as Annie)
テシー役のゾーイ・マーガレット・コレッティ (Zoe Margaret Colletti as Tessie)
ミア役のニコレット・ピエリーニ (Nicolette Pierini as Mia)
イサベラ役のエデン・ダンカン=スミス (Eden Duncan-Smith as Isabella)
ペパー役のアマンダ・トロヤ (Amanda Troya as Pepper)

上記キャストの名前がクレジットされています。

アニーの曲は他に"Tomorrow"、"Maybe"、"Opportunity"、
"You're Never Fully Dressed Without a Smile"、"Moonquake Lake"、
"The City's Yours"、"Little Girls"、"Who Am I?"、"Easy Street"、
"I Think I'm Gonna Like It Here"、"I Don't Need Anything But You"を和訳しています。



【英語 & 日本語 対訳 (2014 Film Version)】
"It's a hard-knock life for us!
It's a hard-knock life for us!"
'Stead of treated, We get tricked!
'Stead of kisses, We get kicked!
It's a hard-knock life!"

私たちには苦しいことばかりの人生だわ!
厳しく当たられて嫌なことばかりの人生よ!
ごちそうの代わりに いたずらを手に入れたわ!
キスの代わりに キックをもらうの!
なんて酷い人生なの!

"Don't it feel like the wind is always howl'n?
Don't it seem like there's never any light!
Once a day, don't you wanna throw the towel in?
It's easier than putting up a fight"

風がずっとうなってるような気がしない?
わずかな光さえなんだって思わない!?
あなたも一日に一度は タオルを投げたくならない?
戦いを挑むより簡単だもの

"No one's there when your dreams at night are creepy!
No one cares if you grow or if you shrink!"

あなたが夜に怖い夢を見たって そこには誰もいないわ!
成長しても縮んでも 誰も気にしない!

"Empty belly life!
Rotten smelly life!
Full of sorrow life!
No tomorrow life!"

空腹の人生よ!
腐った嫌な匂いがする人生よ!
悲しみに満ちた人生よ!
明日のない人生だわ!

"Santa Claus we never see...
Santa Claus, what's that?
Who's he?
No one cares for you a bit
When you're a foster kid
It's the hard knock life"

サンタクロースなんて 私たち見たこともない…
サンタクロースって何なの?
彼のこと?
見えないくらいちっぽけなあなたを 誰も心配しないわ
あなたが里子だって!
なんて酷い人生なの!

"(Make my bathroom shine
but don't touch my medicine cabinet!)"

(バス・ルームをピカピカにしてね)
(でも薬箱には触らないで!)

"It's a hard-knock life for us!
It's a hard-knock life for us!"
'Stead of treated, We get tricked!
'Stead of kisses, We get kicked!"

私たちには苦しいことばかりの人生だわ!
厳しく当たられて嫌なことばかりの人生よ!
ごちそうの代わりに いたずらを手に入れたわ!
キスの代わりに キックをもらうの!

"It's the hard-knock life for us
It's the hard-knock life for us
No one cares for you a bit
When you're a foster kid
It's The Hard Knock Life!"

私たちには苦しいことばかりの人生だわ!
厳しく当たられて嫌なことばかりの人生よ!
見えないくらいちっぽけなあなたを 誰も心配しないわ
あなたが里子だって!
なんて酷い人生なの!

"It's The Hard Knock Life!"
なんて酷い人生なの!




次は"1977年のブロードウェイ・ミュージカル版"です。
こっちがオリジナルっていうことになるのかな。


Song by Andrea McArdle

アニー役は、アンドレア・マッカードル。



こちらはブロードウェイ・ミュージカルのサントラ
"Annie: 1977 Original Broadway Cast Recording"に収録されています。


【英語 & 日本語 対訳 (1977 Broadway Version)】
"It's a hard-knock life for us!
It's a hard-knock life for us!"
'Stead of treated, We get tricked!
'Stead of kisses, We get kicked!
It's a hard-knock life!"

私たちには苦しいことばかりの人生だわ!
厳しく当たられて嫌なことばかりの人生よ!
ごちそうの代わりに いたずらを手に入れたわ!
キスの代わりに キックをもらうの!
なんて酷い人生なの!

"Got no folks to speak of, so,
It's the hard-knock row we hoe
Cotton blankets, 'stead a wool
Empty Bellies, 'Stead a full!
It's a hard-knock life!"

話せる家族なんていないわ
私たちの暮らす場所はなんて酷い街なの
コットンの毛布は ウールの代わりよ
空っぽの胃袋は 満腹じゃないわ!
なんて酷い人生なの!

"Don't it feel like the wind is always howl'n?
Don't it seem like there's never any light!
Once a day, don't you wanna throw the towel in?
It's easier than putting up a fight"

風がずっとうなってるような気がしない?
わずかな光さえなんだって思わない!?
あなたも一日に一度は タオルを投げたくならない?
戦いを挑むより簡単だもの

"No one's there when your dreams at night are creepy!
No one cares if you grow or if you shrink!
No one dries when your eyes get wet and weepy
From the crying you would think this place's would sink!
Ohhhh!!!!!!!"

あなたが夜に怖い夢を見たって そこには誰もいないわ!
成長しても縮んでも 誰も気にしない!
瞳が濡れて潤んでいても 誰も拭ってくれないの
泣いたらこう思うはずよ こんな場所は沈んじゃうんだわ
Ohhhh!

"Empty belly life!
Rotten smelly life!
Full of sorrow life!
No tomorrow life!"

空腹の人生よ!
腐った嫌な匂いがする人生よ!
悲しみに満ちた人生よ!
明日のない人生だわ!

"Santa Claus we never see...
Santa Claus, what's that?
Who's he?
No one cares for you a smidge
When your in an orphanage!
It's the hard knock life"

サンタクロースなんて 私たち見たこともない…
サンタクロースって何なの?
彼のこと?
見えないくらいちっぽけなあなたを 誰も心配しないわ
あなたが孤児院にいたって!
なんて酷い人生なの!

"(You'll stay up until this dump)
(shines, like the top of the Chrysler building)"

(あなたはこれを投げ捨てるまで眠れないわ)
(クライスラービルのてっぺんみたいにピカピカにしてね)

"Yank the whiskers from her chin
Jab her with a safety Pin
Make her drink a Mickey Finn
I love you Miss Hannigan"

彼女の顎ひげを思いっきり引っ張って
安全ピンで彼女を突き刺して
彼女にミッキー・フィンを飲ませてやって
私はミス・ハニガンが大好きよ

"It's the hard-knock life for us
No one cares for you a smidge
When your in an orphanage
It's The Hard Knock Life!
It's The Hard Knock Life!
It's The Hard Knock Life!"

私たちには苦しいことばかりの人生だわ
見えないくらいちっぽけなあなたを 誰も心配しないわ
なんて酷い人生なの!
なんて酷い人生なの!
なんて酷い人生なの!




Memo:
hard-knock = 厳しく非難する = 困難つづきの
folks = 家族
row = 家並み / (家並みのある)通り 街
hoe = くわを使う = 生活する
howling = (動物や風などの)うなる音 遠吠え
smidge = 小さいもしくはほとんどないが見つけることが可能な量 (※2014版では"bit"で表現されている)
the Chrysler building = クライスラービル (※ニューヨーク・シティのマンハッタンにある高層ビル)
Mickey Finn = ミッキー・フィン (※睡眠薬や下剤入りの酒)
Miss Hannigan = ミス・ハニガン (※アニーたちのいる孤児院の院長)




過去2回の映画化で歌われた"It's The Hard-Knock Life"を紹介しておきます。

1982年公開の映画より。


Song by Aileen Quinn & Cast

アニー役は、アイリーン・クイン。


次は1999年公開の映画より。


Song by Alicia Morton

アニー役は、アリシア・モートン。


最後はカヴァー・ヴァージョン。


Song by Jay Z

正確にはカヴァーではなく、
"It's The Hard-Knock Life"をサンプリングして作られたジェイ・Zのナンバー。


Song by Tyler Ward & Friends

タイラー・ワードによるカヴァー。


Song by Aliyah Kolf

オランダ語のカヴァーです。

彼女は2014年版映画の世界公開に合わせて企画された、
"Tomorrow"を世界の言葉で歌うアラウンド・ザ・ワールド・クリップにも参加してます。
("Tomorrow"の和訳ページで紹介しています。)

2015/01/24

歌詞 和訳 Annie Cast - The City's Yours (アニー・キャスト - ザ・シティーズ・ユアーズ)

Annie Cast - The City's Yours (アニー・キャスト - ザ・シティーズ・ユアーズ)
My Tags: US / Stronger





Song by Jamie Foxxas as Will & Quvenzhané Wallis as Annie

2014年公開の映画"ANNIE/アニー"から、"The City's Yours"の歌詞を和訳してみました。

この曲も、今回の映画で新しく追加された新曲で、
ウィル役のジェイミー・フォックスと、
アニー役のクワベンジャネ・ウォレスが歌っています。

ウィルの役どころは、今までのアニーでいうところの大富豪ウォーバックス。

自分の力で成り上がってきた成功者の側面から、
アメリカンドリームならぬニューヨークドリームを感じるこの歌をアニーに捧げます。




映画のサントラ"Annie: Original Motion Picture Soundtrack"に収録されています。

アニーの曲は他に"Tomorrow"、"Maybe"、"Opportunity"、
"You're Never Fully Dressed Without a Smile"、"Moonquake Lake"、
"It's The Hard-Knock Life"、"Little Girls"、"Who Am I?"、"Easy Street"、
"I Think I'm Gonna Like It Here"、"I Don't Need Anything But You"を和訳しています。




【英語 & 日本語 対訳】
"This is just the start of your story
If you got guts you get glory
Anyone can make it even you
(In New York City)"

これはキミの物語のほんの始まりに過ぎない
もし勇気を持てるなら キミは栄光を掴めるんだ
誰でも実現できる…キミにだって
(このニューヨーク・シティでは…)

"And now's the time you gotta stand tough
Cause if you work hard you can rise up
Anyone can make it even you
(In New York City)"

今こそその時さ キミも堂々と立ち向かわなきゃいけない
だって必死にやれば キミは立ち上がれるんだ
誰でも実現できる…キミにだって
(このニューヨーク・シティでは…)

"Look at me I'm just blood pumpin
you and me are two hearts thumpin
We are two souls giving the same feed"

見てみろ 俺は送り出される血液だ
キミと俺は高鳴るふたつの心臓で
俺たちは同じ食事を与えられたふたつの心なんだ

"So take it all, the city's yours,
it's worth fighting for, it's all yours
So take it all, the city's yours,
it's worth fighting for, it's all mine, it's all yours
(In New York City, In New York City, In New York City)"

だから全部手に入れろ この街はキミのものだ
闘う価値はある 全部キミのものだ
だから全部手に入れろ この街はキミのものだ
闘う価値はある 全部俺のもので 全部キミのものだ
(このニューヨーク・シティでは…)

"So put your gloves on start trainin
You gotta get wet when it's rainin
If you got heart you can make it too
(In New York City)"

トレーニングを始めたらグローブを置いて
雨が降ったら濡れなきゃいけない
もし思いやりを持てるなら キミは実現できるんだ
(このニューヨーク・シティでは…)

"You see what I see look harder
You know we're the same when we start off
Four walls two heads one heart paired"

俺には難しく見えたものもキミは理解する
始めてしまえば俺たちは同じだって分かるだろ?
四方の壁もふたつの頭もひとつの心も対になってるんだ

"So take it all, the city's yours,
ask it for more, when you arrange a tour
So take it all, the city's yours,
it's worth fighting for, it's all mine, it's all yours
(In New York City, In New York City)"

だから全部手に入れろ この街はキミのものだ
もっと沢山求めて 旅を計画するんだ
だから全部手に入れろ この街はキミのものだ
闘う価値はある 全部俺のもので 全部キミのものだ
(このニューヨーク・シティでは…)

"So take it all (So take it all)
the city's yours (the city's mine)
it's worth fighting for (it's worth fighting for)
it's all mine (it's all mine)"

だから全部手に入れろ (だから全部手に入れるわ)
この街はキミのものだ (この街は私のものね)
闘う価値はある (闘う価値があるわ)
全部俺のものだ (全部私のものよ)

"So take it all (So take it all)
the city's yours (the city's mine)
it's worth fighting for (it's worth fighting for)
it's all mine (it's all mine)
it's all yours"

だから全部手に入れろ (だから全部手に入れるわ)
この街はキミのものだ (この街は私のものね)
闘う価値はある (闘う価値があるわ)
全部俺のものだ (全部私のものよ)
全部キミのものだ




Memo:
guts = 度胸
tough = 勇ましく 強気で
work hard = 一生懸命に頑張る 熱心に取り組む 切磋琢磨する